憧れの小顔をゲットしよう|張り出ているエラをボトックスで改善

小顔になるための施術

ナース
エラは顔が大きく見えてしまう原因の一つとも考えられています。エラによる悩みを解消させる施術法の一つして、ボトックス注射がおすすめです。しかし、ボトックス注射にも副作用があったり、受けられない場合などがあるため、注意が必要です。また、病院選びもしっかり行なうようにしましょう。

憧れの小顔に近づける

注射

小顔効果が期待出来るアンチエイジングとして、今注目を集めているのがボトックス注射です。ボトックスをエラ部分に注入すると、神経が麻痺し筋肉が萎縮し始めます。その結果フェイスラインがシャープになり、小顔に見られるのです。

痛みや腫れが少ないです

女の人

エラが目立っている人は、顔が大きく見えてしまったり、いかつい印象を与えてしまうので悩んでいる人が多いです。ボトックスエラは、毒素を取り除いたボツリヌス菌を注射器で注入する美容整形です。ダウンタイムや腫れも少ないのが特徴です。

憧れの小顔に

カウンセリング

フェイスラインもスッキリ

顔が大きいとの理由で、悩んでいる女性は少なくありません。芸能界を中心として、空前の小顔ブームが到来しています。小顔の女性はスタイルも良く見える為、異性のみならず同性からもチヤホヤされ易いのです。顔を小さく見せる為、徹底的にセルフケアを行う方もいらっしゃいます。ところが実際には、顔の「物理的な大きさ」というものが、変わる事はありません。従って然程効果を実感出来ないケースが、殆どであると言えるでしょう。顔が大きく見えてしまう主な原因は、エラにあります。エラが張り出している事によって、顔の輪郭が四角形に見えてしまうのです。輪郭が丸顔、逆三角形に近づくにつれ顔が小さく見えるようになります。それを具現化する為に有効だと考えられているのが、美容外科クリニックで行っているアンチエイジングケアです。しかしアンチエイジングケアの場合、体にメスを入れるものばかりだと広く認識されています。確かにエラ削りをはじめ、外科的手術を伴う施術も少なくありません。その一方で、アンチエイジングケアも数十年前に比べると、研究が進み技術も格段に進歩しました。今ではメスを入れなくとも、小顔効果が実感出来るアンチエイジングケアがあります。その代表格が、ボトックス注射です。ボツリヌストキシンという、たんぱく質の一種がボトックスの事でそれをエラに注入します。すると筋肉がリラックスした状態になり、フェイスラインがよりシャープなものになるのです。ボツリヌス毒素製剤ではありますが、1980年代から本格的に医学分野に手使用されていますので、安全性という面で問題が生じる可能性は殆どありません。ボトックス注射そのものは、プチ整形の1つに数えられています。日帰りでの施術も可能ですから、仕事等に支障が出る可能性は殆どありません。ボトックス注射のメリットは、費用を安く抑えられるという点にあります。ボトックス注射は自由診療ですから、保険は適用されません。各美容外科クリニックによって差異はあるものの、エラ部分にボトックスを注入する場合、凡そ2万円から7万円前後の費用が掛かります。エラ削り等に比べると、アンチエイジングの為に時間を割く必要もありません。費用対効果という面においては、打ってつけのアンチエイジングケアだと言えるでしょう。ボトックスの効果が持続するのは、3か月から4か月程度ですから、定期的に通院しなければなりません。最も重要なのが、美容外科クリニック選びです。医師の力量によって、小顔効果に開きが出るといっても過言ではありません。ですからボトックス注射の経験、実績が豊富な医師に施術を依頼するようにしましょう。また各美容外科クリニックでは、症例やビフォーアフターの写真、画像を公式サイトに掲載しています。施術前と、施術後を見比べる事が出来ますから、是非参考にして下さい。各美容外科クリニックの公式サイトを、1つずつチェックするのは大変です。そこで積極的に活用したいのが、比較サイトに他なりません。比較サイトには、ボトックス注射に掛かる費用等が一覧表形式で掲載されています。実際に、ボトックス注射を受けた方の口コミも投稿されていますので、公式サイトの情報と併せて事前に確認しておくようにしましょう。